栄養たっぷり!ひじきの炊き込みご飯。

お久しぶりです。

なんだかんだで更新のペースはこんな感じですので、ご了承願います。笑


さて、今夜のメニューは気軽に豊富な栄養を取れる食材。

そう。ひじき。


ミネラルはもちろん、カルシウムは牛乳の約12倍!

便秘解消効果や、肥満予防に最適な食物繊維はごぼうの約7倍!

冷え性や肩こりの解消に不可欠な鉄分はレバーの約6倍!

さらには美肌効果のある栄養素であるビタミンAもたっぷり!


こんなにも女性の味方になってくれる食材は他にはないと言っても過言ではないはず。

特にも妊婦さんや授乳婦さんには是非おすすめしたい食材ですね。


おー。今回も真面目だぞ。

まぁそんなこんなで、今日もお手軽料理で作りました。

どんっ。

a0250602_2345242.jpg


ひじきの炊き込みご飯。


◆材料&作り方◆
お米・・・・3合
芽ひじき(乾燥)・・・・20g
人参・・・・1/3本
油揚げ・・・・1枚
炒りごま・・・・適量
だしの素・・・・小さじ1
醤油・・・・大さじ2
みりん・・・・大さじ2
塩・・・・小さじ1/2


今回はあっさりシンプルにしたかったのでこんな感じです。

もちろん鶏肉を入れたり、きのこや豆類を入れてもOKです。

炊き込みご飯は好きなものを入れるのが一番!


1 米を研ぎ、20分ぐらい吸水させた後ザルに上げておく。

2 芽ひじきは水で戻し、人参は太めの千切り、油揚げは5mm幅に切っておきます。

油揚げはあえて油抜きをしません。

いつもの面倒だから...というのもあるんですが、それより今回の材料には肉類や魚類に含まれる油分がありませんので、油揚げの油分で旨味をUPさせようという魂胆です。

たまにはちゃんと考えてるんです。

3 炊飯器に米と調味料類を入れ、水を3合の目盛りまで入れ軽く混ぜます。

4 ひじき、人参、油揚げをその上に乗せスイッチオン。

5 炊けたら炒りごまを加え、全体をサックリと混ぜ合わせたら完成です。


なんと今回は何のひねりもポイントも無いという...。

いや、シンプルイズベスト!

と、言い聞かせてます。


どうぞ召し上がれ。
[PR]
# by matsu_cafe | 2012-01-23 23:25 | ご飯MENU

卵とろとろ♪親子丼

いつもお世話になっております。鶏肉様。

いつもあなたは冷蔵庫or冷凍庫のどちらかには、必ず潜んでくれていますね。

今日もその生き様を、しっかり味合わせていただきました。


じゃんっ。

a0250602_21572624.jpg


親子どーーーーーんっ!!


世の中にはこんな素敵な親子が存在するんですね。


◆材料&作り方(2人前)◆
鶏肉(ももor胸)・・・・1/2枚
たまねぎ・・・・1/2個
卵・・・・3個
日本酒・・・・30cc
みりん・・・・60cc
だし汁・・・・60cc
醤油・・・・60cc
砂糖・・・・小さじ1
刻みのり・・・・適量


んー。ほんとは椎茸も入れて、三つ葉もちらしてーってやりたかったけど、買い物行くのが面倒なので、今日はあるもので。笑

1 鶏肉は一口大に、たまねぎはくし切りにしておく。

2 フライパンに酒とみりんを入れアルコール分を飛ばす。

親子丼用の鍋がご自宅にあればそれに越したことはないですが、なかなか家庭にはないですよね?

というか我が家にはないので、フライパンです。

フライパンで十分。あら簡単。

テフロン万歳。


3 そこへだし汁、醤油、砂糖を加え1を入れ煮る。

4 火が通ったら溶き卵を流し入れ火を止める。すぐさま蓋をして1分程蒸す。

5 お好みの半熟ぐらいになったらアツアツご飯の上に盛り、刻みのりを散らして完成!


なんといってもポイントは4の工程ですね。

卵を入れたら火は止めましょう。これでボソボソ卵にはなりません。

蓋をすれば余熱で十分火は入りますし、均等に柔らかくとろとろの卵に仕上がりますよ。


うーん。やっぱり三つ葉は欲しかったな。

ビジュアル的にも。


どうぞ召し上がれ。
[PR]
# by matsu_cafe | 2012-01-16 22:42 | ご飯MENU

ほっこりまったり。カボチャのクリームスープ

いやー。寒い。

すっごい寒い。

氷点下の世界は厳しいですね。

わが町では先日-11℃を観測したようです。

ぶるぶる。

そんな時はあったかいポタージュでも飲んで、体の芯から暖めましょう。

ってなことで本日のほっこりメニューはこれっ。

a0250602_15545231.jpg


カボチャのクリームスープです。

これまた簡単で美味しくできちゃいます。

なんとも色気のない写真になってしまいましたが...。


◆材料&レシピ(2人前)◆
かぼちゃ・・・・中1/2個
玉ねぎ・・・・1/2個
水(煮汁)・・・・300cc
固形ブイヨン・・・・1個
生クリーム・・・・50cc
牛乳・・・・100cc
バター・・・・小さじ2
ローリエ・・・・1枚
塩、コショウ・・・・適量


1 かぼちゃは種と皮を除き薄切りに、玉ねぎもスライスしたらバター(分量外)で軽くしんなりするまで炒めます。

2 そこへひたひたの水と固形ブイヨン、ローリエを加えしっかり煮ていきます。

ローリエなんてそんなオシャレなもんは我が家に無い!という方は、もちろん入れなくても大丈夫です。

が。ローリエがあると様々な煮込み料理やスープ料理で重宝しますので、ストックしておいても損はないはず。

今や大抵のスーパーで置いてありますので、めんどくさがらずに今すぐスーパーへGo!

3 かぼちゃと玉ねぎが共に柔らかく煮えたら、ローリエを取り除き煮汁と一緒にミキサーにかけます。

この時できれば粗熱を取ってからミキサーにぶち込んで下さい。

ヘタするとミキサーのガラス容器にヒビが...なんて事もありえます。

ミキサーの説明書には必ず書いてあるはずです。

また、よくありがちなのはローリエを取り除くのをちょいちょい忘れます。

ゴマ粒みたいなのがいっぱい入った、お粗末なポタージュになりますのでお気をつけて。

4 鍋に戻し、焦げ付かないように中火にかけて、牛乳、生クリーム、塩コショウで味を調える。

5 最後にバターを加え、バターが溶け切ったら完成です。

生クリームを加えた後は、沸騰させ過ぎないようにして下さい。あんまりぼこぼこさせてると、乳脂肪分が分離して、見た目も味も著しく劣化します。


写真ではなんの洒落っ気も出してませんが、クルトンやパセリのみじん切りなんかを振って、それっぽくすると、美味しさも倍増するかと思います。

また、かぼちゃの甘みがもう少しだなーという時は、ハチミツを加えると自然な甘みとコクが出ますよ。


どうぞ召し上がれ。
[PR]
# by matsu_cafe | 2012-01-14 00:03 | スープMENU

鏡開きdeおしるこ

すっかり忘れてしまい、1日遅れとなりましたが、我が家でも鏡開きをしました。

とは言っても、ふたを開けると切り餅が出てくるやつね。

簡易で便利な世の中になりました。

で、お雑煮はすでに食べていたので今日はおしるこ。

a0250602_057650.jpg


う、うまい。

◆材料◆

あんこ


...材料っていう程じゃないですね。

あんこは缶詰。

簡易で便利な世の中になりました。

あずきからしっかり作るのはまた次回に。


はー。日本人に生まれてよかった。

どうぞ召し上がれ。
[PR]
# by matsu_cafe | 2012-01-13 01:02 | お正月MENU

おろポンでサッパリ♪鶏のジューシー唐揚げ

主夫(主婦)には心強い味方!

そう。鶏肉。

いや。鶏肉さん。


いや!鶏肉様。

まずはなんたって安い。

さらには胸肉、もも肉、ささみ、手羽先、手羽元・・・。

様々な部位がありますが、煮ても焼いても、蒸してもダシにしても、常に高いパフォーマンスを提供してくれるオールラウンドプレイヤー。

走攻守揃った、お料理界のイチローと言っても過言はないはず。


今回はその中でも定番中の定番。

どんっ!

a0250602_2152244.jpg


THE 鶏の唐揚げ。

通称 とりから。

◆材料&レシピ(2人前)◆
鶏もも肉・・・・1枚(300gぐらい)
酒・・・・大さじ1
しょうゆ・・・・大さじ2
ごま油・・・・小さじ2
はちみつ・・・・小さじ1
しょうが(すりおろし)・・・・1かけ(小さじ1)
にんにく(すりおろし)・・・・1かけ(小さじ1)
こしょう・・・・少々
卵・・・・1個
片栗粉・・・・大さじ2

1 鶏肉を食べやすいサイズにカットします。今回はもも肉を使用しましたが、胸肉やささみでももちろんOKです。

ただしジューシーさを求めるなら、断然ムッチムチのもも肉を使ってくださいね。

2 片栗粉以外の材料をボールにぶち込み、もみもみします。

もみもみもみもみ。

もみもみもみもみ。

ちなみによくビニール袋でもみもみする技法がありますが、手が汚れるのが嫌だからですかね?

洗い物が減るからですかね?

実際揚げる時にビニール袋から取り出しながらより、ボールからほいほい揚げる方が絶対楽ちんです。

また、ボール1個ぐらいチャチャっと洗ってください。ビニール袋よりは多分エコです。

3 片栗粉をぶち込みます。

漬け込まなくなくても大丈夫?という質問が飛んできそうですが、このレシピならある程度もみもみしたら、寝かせなくても十分旨いです。

腹が減りすぎて、待ってられないという方にオススメです。

4 揚げます。

理想→最初は150℃ぐらいで薄いきつね色になるまで。

いったん取り出し、180℃の油でこんがりカラッと二度揚げ!

これで、中はジューシー外はカリッとの究極の唐揚げが完成です。


そのまま食べても十分美味しいですが、今回はちょっとサッパリいきたい気分でしたので、大根をすりすりして、ポン酢ときざみ海苔と一緒にぶっかけました。

あー!ご飯がすすむ君。

どうぞ召し上がれ。
[PR]
# by matsu_cafe | 2012-01-12 02:17 | お肉MENU


Peaceful Kitchen


by MATSU

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

以前の記事

検索

フォロー中のブログ

ファン

Twitter

ブログジャンル

画像一覧